Macbook Pro (Late 2016 Touch Bar)の充電にAnkerのUSB充電器(Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery)を使う

(注:この記事はめちゃ古いです・・・)

この度、商売道具というか既に体の一部のようにいつも持ち歩いているMacbook Proを新機種に買い換え。
長らくマイナーアップデートが続き(見た目に)大きなアップデートがなかったが、ついに新機種と言えるものがでてきたからだ。

今回はMacbook Pro 13インチ (Late 2016 Touch Bar)の充電にAnker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryが使えて便利だったという話を紹介したい。

変化したMacbook Proの充電事情

無事に年末にMacbook Pro (Late 2016)13インチ Touch Bar搭載モデルを手に入れ(感想は当記事の趣旨と違うので割愛するが)なかなか満足して使っている。
さて、これを読んでいる方の大半は知っている事情と思うが今回のアップデートで電源供給にもUSB Type-Cが採用され、これまでのMagSafe電源アダプタは使えなくなってしまった。
当然、Macbook Proには充電可能な電源アダプタ・ケーブルが1組付属しているが、もう一つ買って職場にも置きたいのだ。

付属の電源アダプタと同じものをApple Storeで購入すると結構高い。
(新しいMacbook Pro用と思われる61Wのものが7400円(税別))

Apple Online Store (電源&ケーブル)

USB充電器が使える!

USB Type-Cでの給電ということは、対応した(Power Deliveryに)充電器でも給電・充電ができるということだ。
USB充電器といえば、お気に入りのAnker。

充電はAnkerが素晴らしいという過去記事↓
充電はAnker製品が素晴らしいという過去記事

というわけで、調べたところドンピシャなものが発売されていたので購入。

ためしてみた

早速ためしてみる。
Anker製品は基本的にAmazon Primeで売られているので、すぐ購入→すぐ届いて便利。
相変わらずシンプルで好感のもてるパッケージ。

<img src=”https://c1.staticflickr.com/1/561/31796538456_3e06cf7a0c_z.jpg” width=”640” height=”480″ alt=”image”>

デザインもかっこいい。
下の4ポートは普通のUSB(A)、Macbook Proの充電に使えるのは上部の水色で縁取りされたUSB PD(Power Power Delivery)ポートだ。

<img src=”https://c8.staticflickr.com/1/444/31024419023_ec9b3e5e47_z.jpg” width=”640” height=”480″ alt=”image”>

USB Type-Cケーブル(USB Type-C to USB Type-Cは付属しない(持っていなければ別途購入)ので注意が必要。

充電状況

OS-X のシステムレポートで確認したところ、45Wで認識されていた。

スクリーンショット 2016-12-12 0.45.49

商品タイトルにある60W(Apple 公式の電源アダプタとほぼ一緒)を期待していたので少し残念だが、数日試してみたところ全く問題なく充電できた。電源挿しっぱなしで割とヘビーに使っても、普通に給電が上回る。
一刻も早く急速に充電したい、という場合はApple 公式の61W電源アダプタまたはより出力の高いUSB充電器(・・現状あまりない模様)を使った方がよいかもしれないが、通常2台目としてはこれで充分だろう。

厳密な閾値は未確認だが、30Wなどのより出力の弱い充電器では認識しないという情報があるので注意されたし。
(Macbook(無印)は充電できるものでもMacbook Proは必要な電力がずっと大きいので使えないケースがある)

嬉しい誤算

正直、新しいMacbook Proへの給電MagSafeが廃止されUSB Type-Cになったと知った時はがっかりだった。
使っていた(予備の)電源アダプタが使えなくなるし、昔初めてMacbookを使った時にMagSafeのアイデア&使い勝手に感動した思い出があったからだ。

が、実際使ってみて今ではUSB Type-Cになってよかったと思い始めている。
Type-Cになってよいことは、Thunderboltディスプレイからケーブル一本で給電できてすごい、みたいなことだけだと思っていた(そんなディスプレイ直近買う予定ないので嬉しくない・・)。

購入前は意識していなかった、良かったことは以下のとおり。

  • 今回紹介したようなPower Delivery対応のUSB充電器が使えることで、これまで旅行や出張などでUSB充電器(iPhoneやその他デジタルガジェット充電用)とMagSafe電源アダプタを両方持ってでかけていたのが、USB充電器だけでよくなった。
  • Macbook Proでは4ポート(左右2ポートずつ)あるUSB Type-Cポートのどれからでも給電できる。つまり左右どちら側にケーブルをさしても良いのだ。これは取り回しがよい。
  • 今後たくさんMacbookおよびMacbook Proに給電できる充電器やモバイルバッテリー、対応ディスプレイなどが続々と世に出てきそう。(MagSafeは便利だったが特殊で、ことMacbookの充電に関しては選択肢がほとんどなかった)。

image

今回のMacbook Proの前に、Macbook(無印)を使っていた人は既にUSB Type-Cのメリットを感じていたかもしれない。筆者はProを待っていてMacbook(無印)を見送っていて本格的にUSB Type-Cデビューしたのが今回からなので、やや時代遅れの記事になってしまったかもしれない・・。

Macbookに限らず最新のラップトップやスマホ(Pixcelとか)はどんどんUSB Type-Cでの給電になっているようで、時代の移り変わりを感じる今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です