TryLog

〜ためしてみないとね、いろいろ〜

ためしてみたデジタルガジェットやアプリやWebサービスなどについて書いてゆきます〜

アプリ起動はAlfredにおまかせ

みなさんはMacでインストール済みアプリを探して起動するときどうするとき、どうしていますか? 筆者は最近ではすっかり「Alfled」を使っています。

Alfred App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

MacOS標準の「LaunchPad」はiOSのホーム画面のようで美しく機能も充分なのですが、アプリを起動するために毎回フル画面で(今使っていたアプリを隠して)起動するので若干大げさに感じます。

alfred-launchpad1

画面いっぱいに広がるアプリアイコンも、たまにスクロールして眺めると楽しいのですが日々起動するたびにここから選択するのはめんどうです。 もっぱら上の検索窓に何文字かいれて絞り込んで使うのだと思います。

Alfredは、このLaunchPad上部の検索窓の部分だけ切り取って軽快にしたようなアプリです。

alfred-2-1

ショートカットキーで一発起動、そのまま何文字か入力してアプリ起動!超軽快です。 キーボードからまったく手を離さなくてよいですし、 見た目も無駄な部分が一切なく、黒と紫の防止もおしゃれでいいですね。

LaunchPadの検索窓と同様、インクリメンタルサーチ(一文字入力する度に絞り込まれる)が可能です。 例えば、 ph まで入力すると・・・。

fa21436932a8baf9e250c1035b6f133b

このようにアプリ名に ph が入っているものが瞬時にリストされます。 このまま↑キーや↓キーで選択してもよいですし、リストの右側に表示されているショートカットキーも使えます。
(リストの一番上がエンターキーに割り当てられるので、筆者は目当てのアプリが一番上にくるまで入力しエンターしてます)

インストール

Mac App Storeで販売されているのでインストールもらくらくです。 インストールすると、ステータスバーに帽子型のアイコンが登場します。

alfred-2-3

設定

設定は上述したステータスバーのアイコンから、「Preferences….」を開きます。

alfred-2-5

Alfredを起動するhotkey(ショートカットキー)の設定が一番重要です。
筆者は以下の通り option + Space キーを使っています。また、当然 Launch Alfred at login(ログイン時にalfredを起動)にもチェック。

alfred-7-2

も1つ覚えておくべき設定としては、「Features」タブのEssentialsあたりでしょうか。 ブックマークや設定、連絡先の情報もリストするかどうかを選択できます。デフォルトでは全て選択されています。

alfred-8-2

「Appearance」タブでテーマや細かい見た目をいろいろ変えてみるのも楽しいです。 以下はテーマ:Pistachio の配色。

alfred-8

アプリを起動するだけのシンプルなアプリですが、いろいろ細かいカスタマイズも可能ですし、何より非常に軽快でしばらく使うと手放せません。

筆者はMacのDockが大好き(無駄と言われようが拡大アニメーションはON・・)なのですが、最近はDockに置いてあるアプリでもAlfredで起動していてあまりDockを使ってない気が・・・・・。

ともかく、ランチャー系アプリを使っていない方も他のを使っている方も、是非一度Alfredの軽快さをお試しください。