TryLog

〜ためしてみないとね、いろいろ〜

ためしてみたデジタルガジェットやアプリやWebサービスなどについて書いてゆきます〜

ワイヤレス(Bluetooth)イヤホンのすすめ(はじめてのワイヤレスイヤホンに、SoundPEATS Q7を試してみた)

突然&いまさらだが、ワイヤレス(Bluetooth接続の)イヤホンを使いはじめた。 選んだのはいろいろ物色した末、SoundPEATS(サウンドピーツ)のQ7という製品に決定。

公式サイトは以下。
SoundPEATS
Amazonからなんと2000円台で手に入る。

結論、この低価格で音質・使い勝手ともに非常に完成度高く、満足。
もっと早く購入すればよかった。

筆者のイヤホンとの付き合い

イヤホンは1000円くらいものものから数万円するものまで存在し、どのレベルにするかはその人の音楽・音質に対する知識・こだわりに左右される。 筆者はあまり音楽・音質に精通していないただのデジタルがジョット好きであり、移動中や仕事中のBGMとして音楽をきく感じ。
数万円の高級イヤホン・ヘッドホンやハイレゾがどうとかはあまり興味がなく、結果、2000〜3500円程度のイヤホンをチョイスしていた。

※つまり、音質にすごくこだわる音楽通の方にはこのレビューはあまり参考にならないかもしれないのでご注意を。

ちなみに、100均やコンビニ等で売っている980円以下の普通のイヤホンは最も安いが、 上記のとおり素人で音楽通ではない筆者でも明らかにわかるくらい劣悪だったのでおすすめできない。

なお、再生にはWalkmanやiPodではなく、スマホ(iPhoneやXperia)を使用している。

断線して片方聞こえなくなる

筆者の日々の持ち運びの扱いも悪いのだと思うが、しばらく使っていると必ず断線して片方聞こえなくなる・・・。 そしてまた買い換える・・・。を繰り返していた。
製品性質上しばらくすると寿命で片方聞こえなくなる・・などという訳はもちろんないはずなので、おそらく持ち運び時や取り出し時に コードをひっかけたり、折れたりしてしまうのだと思う。 (イヤホンをいれるポーチやコードをまくリールなどが付属している商品もあり、それらをこまめに使っていれば防止できる事象なのだと思うが、めんどうでそのままポケットや鞄につっこんでいた)

今回、イヤホンをワイヤレスにしよう、と思ったのは「コードのない(または短い)ワイヤレスイヤホンなら、断線にくいのでは?」と 思ったのが、情けないがきっかけである。

ワイヤレス(Bluetooth)イヤホンのすすめ

実は、デジタルガジェット好きにはあるまじき?感じだが、これまでワイヤレスのイヤホンを購入してこなかった。
以下のような悪いイメージがあったからだ。

  1. 高価なイメージ
  2. 毎日充電がめんどうなイメージ
  3. 充電が途中で切れたらどうするんだ、なイメージ
  4. 再生しているスマホのバッテリーが減る(常時Bluetoothで)イメージ

1.は今回のSoundPEATSのQ7ような製品が製品が登場していることでクリアされた。 2000円台なのに充分満足できる性能とデザイン。

2.は確かにそのとおりだったが、一日の終わりに他のデジタルガジェットと一緒に充電するだけだから、 別に何か生活が変わったり極端にめんどうになることはなかった・・・。

3.は、筆者の場合は通勤の行き帰りおよびカフェ等でMaxでも数時間程度の使用ということもあり、毎晩寝る前に充電さえすれば一日の途中で 切れることはなかった。

4.は厳密には影響でているかとは思うが、特に体感で影響は感じなかった。 カメラで写真&動画撮りまくり、Facebookメッセージやりとりしまくり、などに比べれば大したことないと思う。

この中で、3.については、一日中ずっとこのイヤホンを使って音楽を聞く人つもりの人には注意が必要かもしれない。
スマホは今時モバイルバッテリーなどで充電すれば良いと思うが、ワイヤレスイヤホンをケーブルとモバイルバッテリー につないぎつつ音楽を聞く、とういうのは不可能ではないが現実的でないからだ。 (耳のあたりからケーブルでモバイルバッテリーがぶらさがるような構図になり、ちょっと変態である)

一日中音楽を聞く人は、予備に普通のイヤホンも持っておくとよいかもしれない。 あと、ワイヤレスの良さは、移動中に最も感じるので、例えば座ってデスクワークや読書をしている際は 普通のイヤホンを使い、でかけるときにワイヤレスを使う、といった使い分けも良いかもしれない。

ワイヤレスは快適

今まで食わず嫌いだったが、やはり使ってみるとワイヤレスはとても快適だった。

特に歩きながら聞く際に、もう普通のイヤホンには戻れないと思える感覚がある。 なんというか、動きにまったく制約がなくなるのだ。

普通のイヤホンの場合、スマホをズボンのポケットに入れている場合など、ズボンと頭部がケーブルで繋がるような感じになるため、 歩いて揺れると微妙に肌に触れるし、視界にも入る。普段の動作に支障があるというほどではないが、やはり動きにくさ的なものはあった。
急に激しく動いたり走ったりしたら取れてしまう感じがする。 胸ポケットにスマホを入れた場合は、どうもコードが余ってしまい鬱陶しい感じになる。

また、電車やカフェで座ったり立ったりする際に、何かひっかけたり、つっかかったりすることがあり、 これが先にも書いた断線の原因にもなっていた気がする。

上記のもろもろは耐え難い不都合と感じていたわけではないが、ワイヤレスイヤホンでこれらから解放された今、ケーブルがあるとないの差をとても実感している。もっと早く、試せばよかった。

QY7について

Amazonでポチるとすぐ届く。在庫もいまなら潤沢な模様。

箱もスタイリッシュ。

すべての写真-239

本体はこんな感じ。音源(プレイヤー)から本機まではワイヤレスだが、イヤホン左右はケーブルでつながっている。なんでここもワイヤレスじゃないの?(そういう製品もある)と思ったが、いまでは首にかける感じで安定する&失くなりにくい、ということで良い形状だと思えている。
ケーブルは短いからか材質のためかほとんど絡まったりすることもなく、(懸念していた)断線リスクも低そう。
清潔感のあるデザインで質感もよく、値段は安いのに安っぽさ(コンビニや100均の安いやつのような)が感じられずGood。

すべての写真-242

びっくりしたのが付属品(主にアタッチメント)の豊富さ。自分の耳へのフィット感を大切にしている人は安心だろう。イヤーピースが数種類入っているイヤホンはよくあるが、こんなにいろいろ入っているのは初めてみた。・・・ちなみに筆者はこれらをあまり使いこなせていないが・・。

すべての写真-240

具体的に何が入っているかということで、付属の小さい説明書からワンカット。

すべての写真-241

唯一残念だった箇所が、充電ケーブルを挿す箇所。ゴムのキャップを開けてMicroUSBケーブルを挿すのだが、キャップの端がひっかかりそうな感じがしてはっきり言っって刺しにくいのと、おそらくこのキャップ部分が遠くない将来とれてしまう気がする・・・。
あと500円くらい値上げしてもよいので、次回作?ではここをもっとスマートにしてほしい。

すべての写真-319

カラーバリエーションは8種類もある(色によって微妙に値段差があるが、一番高いのでも2000円台)。

Q7-colors

まとめ

  • 食わず嫌いだったワイヤレスイヤホンは、とても良かった。これからはきっとずっとワイヤレスにすると思う。
  • SoundPEATSのQ7は非常にコストパフォーマンスが高く満足度高い。はじめてのワイヤレスイヤホンに、とてもおすすめ。